グループウェア ウェブ会議 ファイル共有 チャット 人材管理 勤怠管理・労務管理

残業時間4割減、売上高5%増--テレワーク成功させるポイントを総務省が解説

働き方改革の有効な施策としてテレワークが注目されている。テレワークを推進する総務省担当者がTechRepublic Japanが主催したセミナーに登壇して、テレワークを成功させるポイントなどを解説した。

 「働き方を変えるためには、まず意識を変えていくことが重要です。政府しても働き方改革を推進する中でテレワークがその有効なツールだと考え、積極的に推進しています。またテレワークはツールであり、業務をいかに改善するかという業務改革と合わせて推進することが重要です」

 3月14日に開催されたセミナー「働き方はこうやって変える--生産性向上への最適解は徹底的なデジタル化」(TechRepublic Japan主催)に総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室長 飯村由香理氏が登壇。冒頭のように切り出して、政府がテレワークをどのように捉え、企業の生産性向上や業務効率化、人材確保などに向けた支援策を紹介していった。

総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室長 飯村由香理氏
総務省 情報流通行政局 情報流通高度化推進室長 飯村由香理氏

就活生も注目、テレワーク制度のある企業が選ばれる時代に

 飯村氏は、1999年4月郵政省に入省後(2001年から総務省)、2006年に情報流通高度化推進室課長補佐として総務省内テレワークの導入など担当、保育園に子どもを通わせながら自らもテレワークを実践してきた経験がある。

 「テレワークはICTを活用して時間や場所を有効に活用できる働き方です。従来は育児介護の方が在宅勤務する際に使うというイメージが強くありましたが、今は営業の方がモバイルワークで直行直帰したり、サテライトオフィスで働いたりと、効率的に働くために活用されています。内閣府の調査では、テレワークを積極化している企業の6割以上で労働時間が減少し、労働生産性は13〜18%向上することが確認されています」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2448文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]