ファイアウォール SIEM AI・機械学習 パロアルトネットワークス

パロアルト、新オープンセキュリティ基盤--機械学習で異常な行為を検出

パロアルトネットワークスはオープンなセキュリティプラットフォーム「Cortex」と同基盤で稼働する「Cortex XDR」とデータをクラウド上に蓄積して分析する「Cortex Data Lake」を発表した。

 パロアルトネットワークスは4月5日、人工知能(AI)を活用してセキュリティ業務を簡素化するセキュリティプラットフォーム「Cortex」を発表した。これまで同社が提供していた「Application Framework」を大幅に更新させたCortexは、基盤を従来の同社データセンターからGoogle Cloud Platform(GCP)へ移行。データ中心のセキュリティを少人数で実現できるという。

 また、セキュリティセンサーから集積したデータをクラウド上に蓄積する「Cortex Data Lake」、サイロ化したログデータを総合的に分析して脅威を検出、対処するアプリケーション「Cortex XDR」、振る舞い型脅威防御エンジンを追加した、エンドポイントプロテクション&レスポンス(EDR)ソフトウェアの最新版となる「Traps 6.0」は、同日からパートナー経由で提供開始。1TB単位の年間契約で価格はオープンプライス。1TBあたり200エンドポイントをサポートする。

 代表取締役会長兼社長 アリイ・ヒロシ氏はCortexを提供する意義として「サイロ型アプローチでセキュリティ製品を導入すると、コストや手間がかかりすぎる。とある顧客は1週間に発生するセキュリティアラートは5万~10万件に及ぶ。ネットワークやエンドポイント、そしてクラウドのセキュリティ脅威から企業を保護する」と説明した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2421文字 ログインして続きを読んでください。

「ファイアウォール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]