IaaS PaaS ERP 矢野総研

IaaS/PaaS市場、2018年まではPoC中心で堅調--2022年までは3割成長続く

国内IaaS/PaaS市場は堅調に推移するも、PoCなどが中心。DXの基盤などへの活用本格化はこれからで、2022年までは毎年30%ほど成長する。矢野経済研究所が調査した。

 矢野経済研究所(中野区)は4月8日、国内クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査を発表した。市場規模推移や予測、今後の動向などをまとめている。

 2018年のIaaS/PaaS市場を事業者売上高をベースに見ると、堅調に推移したという。2017年同様に既存システムのクラウド移行が市場を牽引。前年比133.3%の3200億円になると推計している。

 年商数百億円以下の中堅、中小企業ではクラウド基盤サービスの利用が一般化。パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなどのシステム環境を組み合わせて使うハイブリッドクラウド利用も増加傾向にあるとしている。

 IoTや人工知能(AI)を活用して新しい価値を持たせるデジタルトランスフォーメーション(DX)の基盤としては、2018年は概念実証(PoC)が中心で、期待されたほど大きな効果を生まなかったと総括している。

 一方、2018年10月以降からはビジネスへの実装の兆しが見られるという。2019年の国内IaaS/PaaS市場は前年比131.3%の4200億円と見通しており、PaaSの拡充とDXが市場を成長させる大きな要因になると説明している。

 また、ユーザー企業の基幹系システムのクラウド移行による使用量拡大なども期待されるという。一例として、2000社以上の企業が導入するといわれる「SAP ERP 6.0」などの保守期限が切れる「2025年問題」を挙げている。Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure上で「SAP S/4 HANA」構築を検討する企業に加え、基幹系システムのクラウド移行事例も増加。今後の市場拡大要因のひとつになるとしている。

 基幹システムは、いまだにオンプレミスの割合が高く、クラウド移行に伴う商談規模が大きいという。サービスを提供するクラウドベンダーにとって市場開拓のポテンシャルが非常に高く、国内IaaS/PaaS市場の2016年から2022年までの年平均成長率(CAGR)を29.3%と予測。2022年には8400億円に達し、今後も高い成長が継続するとしている。

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場規模推移と予測(出典:矢野経済研究所)
クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場規模推移と予測(出典:矢野経済研究所)

「IaaS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する
  2. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  3. APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?
  4. クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?
  5. ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]