オフィスソフト

「Excel」のスパークライン--ちょっとした設定でより伝わる表示に

「Excel」のスパークラインは、データの隣に数クリックで埋め込めるグラフだ。この記事では、スパークラインを作成し、ちょっとした設定でインパクトを強める方法を紹介する。

 グラフは情報をすばやく伝えられるすばらしい視覚ツールだ。ひとめで大事なポイントがわかる。ただ残念なことに、「Excel」の柔軟なビルトインツールをもってしても、意味のあるグラフの作成には多少の時間を要することがある。そこで便利なのが、スパークラインのようなセル内のグラフだ。数クリックで、データの隣にグラフを埋め込める。さらに、可読性を高めたり、効果的にしたりするため、簡単なフォーマットを、クリックによる選択だけで適用できる。クリックするだけなので、面倒なことはなにもない。この記事では、スパークラインを作成し、調整によってインパクトを強める方法を紹介する。

 筆者は64ビット版の「Windows 10」で「Office 365」のExcel(デスクトップ版)を使っているが、この機能は「Excel 2010」と「Excel 2013」でも利用できる。自分のデータを使って作業してもいいし、デモ用の.xlsxファイルをダウンロードしてもらってもいい。ブラウザ版のExcelでは、スパークラインの表示はできるが作成や修正はできない。

簡単に視覚化

 スパークラインは、視覚的なインパクトがあるうえに、埋め込みが簡単だ。データに隣接する列を選択して、「挿入」タブをクリックし、「スパークライン」グループのオプションをクリックする。以上だ。データが物語るものをデータそのものよりもすばやく伝えてくれる視覚表現が、ほぼ瞬時にできあがる。図Aのデータを使って実際にやってみる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2218文字 ログインして続きを読んでください。

「オフィスソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]