サーバ仮想化 コンテナ SDS/ストレージ仮想化 SDN/ネットワーク仮想化 IaaS VMware

「vRealize」強化、オンプレ対応しながらクラウド移行を強めるヴイエムウェア

ヴイエムウェアは、運用管理ソフトウェア群「VMware vRealize」の機能を強化。クラウドシフトへの対応を強化しつつも、一定需要が残るオンプレ環境での性能向上やコスト削減を実現するソフトウェアを継続して強化し続けることが見えてくる。

 ヴイエムウェアは4月3日、運用管理ソフトウェア群「VMware vRealize」の機能強化を発表した。vRealizeは、データセンター全体をソフトウェアで制御するという、同社が提唱する“SDDC(Software-Defined Data Center)”、同社の「VMware vSphere」で構築されたプライベートクラウドとパブリッククラウドを混在させるハイブリッドクラウド環境の自動運用を実現させるものとしている。

 同社が提供するクラウド環境の管理プラットフォーム“VMware Cloud Management Platform(CMP)”はプライベートクラウドではvRealizeシリーズ、パブリッククラウドでは「VMware Cloud Services」になる。オンプレミス向けのvRealizeシリーズとCloud Servicesは機能が重複することになる。

 同日開かれた記者会見で同社のSDDC/Cloudチーフストラテジスト 高橋洋介氏は「2つのCMPは顧客需要から成り立つ。顧客の特定情報を分析する場面ではオンプレの必要性が少なくない。だが、将来的にはSaaSで構成されたクラウドシフトが進む」と今後の製品戦略を説明する。

 たとえば、ITリソースの利用状況を可視化するソフトウェア「VMware vRealize Business for Cloud」と、CloudHealth Technologiesを買収して自社の技術とした「VMware CloudHealth」は類似した機能を備えるが、マルチバイト対応など準備が整えば、ソリューションとしてはCloud Servicesに統合されることになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2735文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?
  3. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]