モバイル

「Apple Card」入門--アップル独自クレカの特徴と法人利用の可能性

「Apple Card」はアップルがゴールドマン・サックスと共同で開発したクレジットカードだ。現時点で判明している情報や、企業での利用の可能性について解説する。

 Appleは先ごろ、Goldman Sachsと共同で開発した新しいクレジットカード「Apple Card」を発表し、クレジットカード業界に参入した。

 従来のクレジットカードは基本的に、デジタル機能が付いた物理的アイテムという存在だが、Apple Cardはデジタル中心のクレジットカードと考えていい。「Apple Pay」と緊密に統合されていて、実物のチタン製クレジットカードも提供されるが、Appleは主に「iPhone」や「Apple Watch」のApple Payでの使用を想定している。

 Apple Cardには斬新な機能が多数あり、すでにAppleの製品エコシステムにお金を使っている人にとっては、最適なクレジットカードになる可能性がある。この入門記事では、Apple Cardについて知っておくべきことをすべて紹介するとともに、企業向けクレジットカードとして検討に値するかどうかも解説する。

どんなものなのか

 Appleがクレジットカード市場に初めて投入する商品だ。Goldman Sachsと共同で開発され、Mastercardの一種であるため、Mastercardを利用可能な場所であればどこでも使用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3032文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]