PC 周辺機器 シネックスジャパン

第4回:痒い所に手が届く? 届かない?--ビジネスシーンでの課題とヒント

Chrome Enterpriseを実際にビジネス活用しようと考えた場合、どうなるのだろうか。WindowsのPCもラインアップに揃えるシネックスジャパンならではの観点から考察する。

 第3回では様々な環境で有効な「Chrome Enterprise」の機能について解説いたしました。仮想デスクトップ環境(VDI)のクライアントとしても利用可能でWindowsユーザーにもメリットがあると紹介しましたが、今回は「実際のビジネスシーンで本当にChromebookとChrome Enterpriseは使えるのか?」をメインに解説いたします。

実際のビジネスシーンを想定

 前回までにChromebook+Chrome Enterpriseは無限の可能性を持っており、様々な環境で有効であるとお伝えしましたが、本当に業務で使えるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。有効なソリューションであることは確かですが、万能という訳ではなく弱点や苦手な分野もあることは事実です。

「パソコンを1台だけ持っていれば業務を完結することができる」

 ビジネスシーンにおいてこれはとても重要なことで、特定の業務のために違うパソコンを利用するなどはとても手間のかかることです。働き方改革の推進の観点から見ても会社にいないと使途ができないことになり、効率の悪い働き方となってしまいます。

 では、Chromebookが1台あれば業務を完結することができるのでしょうか?

 筆者はChromebookとChrome Enterpriseについてセミナーなど色々な場所で話をしていますが、「あなたの会社はChromebookで業務は完結していますか?」という質問をもらった場合、その回答は恥ずかしながら「いいえ、できません」と毎回答えています。なぜかというと、

  • 社内の統合基幹業務システム(ERP)がChromeに対応していない
  • NASにデータを保存する習慣の部署がある

という2点の問題があるからです。

 ERPに関してはChromeブラウザに対応するようになればChromebookでもアクセス可能で、NASについてもChromeウェブストアにある「File System for Windows」というアプリケーションを利用するか、Chromebookの機能である「ネットワークファイル共有」を利用することでこちらもChromebookでNASのデータにアクセスすることが可能です。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2231文字 ログインして続きを読んでください。

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]