AI・機械学習 ガートナージャパン

人材の情報処理能力改善に取り組まないIT部門は8割が縮小--ガートナー展望

ガートナーが日本のテクノロジー人材の将来展望を発表。今後3~5年で重要になる5つの動向として推測。

 ガートナージャパン(港区)は4月2日、日本のテクノロジー人材の将来に関する展望を発表した。デジタルトランスフォーメーションなど企業ビジネスを変えうる変化や、運用をモード1、イノベーションをモード2とし、両面を並行して取り組む“バイモーダルIT”という新しい概念のフレームワーク、人工知能 (AI) をはじめとする先進テクノロジー、更には重要度が増加するオープンソースソフトウェア (OSS) など、昨今のテクノロジーはかつてない高度化、進化の様相を呈し、これまで以上に重要になると説明。

 企業におけるテクノロジー人材の重要性も増加しているという。今後3~5年で重要になる動向として5つに大別して紹介。企業は重大な影響を認識し、早期に取り組むべきとしている。

2022年までにAIを「自分で運転」する基礎スキルを習得

 昨今のAIブームに則り、ベンダーとの概念実証(PoC)を実施する企業が増加。AIを「自分で運転」する必要性の理解が進んでいるという。一方、多くの企業はどこからスタートすべきか把握できていないとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1753文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. グローバルなビジネスにはグローバル人財が絶対必要?!“5つの育成法”を今すぐ学ぶべし

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]