セキュリティインシデント

リモートワーカーによるセキュリティインシデント--防止するための3つのヒント

OpenVPNの報告書によると、36%の組織がリモートワーカーに起因するセキュリティインシデントに直面しているという。同報告書が示したリモートワークのセキュリティをより適切に制御する3つのヒントを紹介する。

 米国時間3月25日に発表されたOpenVPNの報告書によると、リモートワーカーは社内にいる従業員よりも重大なセキュリティリスクとなっている、と約4分の3(73%)のITリーダーが述べたという。この報告書では、リモートワーカーによってもたらされるセキュリティリスクを明らかにするため、マネージャーや幹部社員を含む250人のITリーダーを調査した。

 大多数(73%)のチームで、今後10年以内に少なくとも何人かのリモートワーカーが働くようになる見通しだ。このことは、全従業員の働き方が大きく変わることを示している。こうしたリモートワーカーの流入は、テクノロジの進歩のおかげだが、より健全なワークライフバランス、ストレスレベルの軽減、従業員の離職率の低下など、働き方に関連するメリットもたくさんある。

 しかし、リモートワークは経営陣に物理的にアクセスできない状態で進められ、公共Wi-Fiや個人用のデバイスが使われることも多いため、セキュリティ脆弱性が蔓延するおそれがある、と報告書は述べた。リモートワークは実際に重大なセキュリティリスクを組織にもたらす、とほぼすべて(90%)の回答者が考えている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約650文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]