AI・機械学習 NTTコミュニケーションズ

NTT Com、議事録作成支援サービス提供--AIが自動で文字起こしや翻訳

NTT ComはAIが自動で文字起こしや翻訳などを担う議事メモ作成サポートサービス「COTOHA Meeting Assist」を4月から提供する。会議中は日本語や英語を含む9カ国語によるテキスト化や自動翻訳が可能。

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は人工知能(AI)が自動で文字起こしや翻訳などを担う議事メモ作成サポートサービス「COTOHA Meeting Assist」を4月1日から提供する。初期費用は無料だが、税別月額利用料は3万5000円~。APIの利用は従量課金制として利用量に応じて加算される。初年度中300社導入を目標に掲げる。

 3月29日に開かれたNTTグループのAI関連技術「corevo(コレボ)」を活用した日本語解析AI「COTOHA(コトハ)」の戦略発表会で発表した。COTOHA Meeting Assistが利用するサーバのCPUやメモリ、ストレージをオプションで増強可能。アプリケーション&コンテンツサービス部 AI推進室 室長 三竹保宏氏は「各サービスシーンにAIを組み込み、データの収集、利活用を促進する『AI Everywhere』を推進する」と自社戦略をつまびらかにした。

 NTT Comは、NTTグループが備えるサービスイノベーション総合研究所、情報ネットワーク総合研究所、先端技術総合研究所によって40年以上研究されてきた成果を活用したビジネスソリューションを数多く提供している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2029文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]