BI

工場の労務管理にBI活用で600時間を削減--制作工数管理や原価管理にも適用

アイシン精機の工機工場では改善の一環として労務時間の集計にBIツール「Yellowfin」を導入。200人ほどの従業員の労務管理ダッシュボードなどを作成し、集計などの作業時間を年間約600時間削減したという。

 工場ではより良いモノづくりを目指し、常に改善活動が続けられている。トランスミッションやブレーキ、エンジン関連部品などをトヨタ自動車をはじめとするアイシン精機(愛知県刈谷市、連結従業員11万4478人)の国内11カ所の工場の1つである工機工場(愛知県西尾市)でも、様々な改善に着手しているという。

 アルミダイキャスト製品作成用の金型製造などを手がける工機工場は2017年7月に労務管理にかかる工数を削減するとともに、同工場で働く従業員全員の総労働時間を見える化するために、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Yellowfin」を導入。200人ほどの従業員の労務管理ダッシュボードなどを作成し、集計などの作業時間を年間約600時間削減したという。3月28日、Yellowfin Japan(中央区)が発表した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1327文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 自社の「働き方改革」の取り組みに不満がある社員は47.1%!最新調査結果に見る日本企業が抱える課題
  5. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]