その他セキュリティ ネットワンシステムズ

可視化が重要--ネットワン、マルチクラウド向けセキュリティサービス提供へ

ネットワンシステムズは、マルチクラウド向けセキュリティサービス「クラウドガバナンスサービス」「MSS for Cloud」「MSS for GPCS」を4月から提供する。

 ネットワンシステムズは3月27日、マルチクラウド向けセキュリティサービス「クラウドガバナンスサービス」「MSS for Cloud」「MSS for GPCS」を4月から提供することを発表した。

 同社はプライベートクラウドと複数のパブリッククラウドを用途によって使い分けるマルチクラウドの需要高騰と、各パブリッククラウドが提供する機能だけでは、企業が必要とするセキュリティ運用の柔軟性が不足するため、統一したセキュリティポリシーによる運用が困難であることがマルチクラウド特有の課題と判断。今回のサービスの提供を決定したと説明する。

 「クラウド内外からの攻撃や利用者からのクラウドへの接続を強化し、各サービスが連携することで、マルチクラウド環境における一元的なセキュリティ強化・管理を継続。弊社はオンプレミス環境の設備からクラウドの活用推進まで支援し、顧客は安心してマルチクラウド化とDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させ、事業競争力の強化につなげる」(常務執行役員 ビジネス推進本部長 篠浦文彦氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2716文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 医療業界が直面する4つの課題と、医療機関の業務効率を高めるためのITプラットフォーム
  2. 製造業をモダナイズ! アジャイルでデータ中心型のインフラストラクチャーを実現する要件とは
  3. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  4. アナリティクスのPDCAサイクルを自動化!マツモトキヨシのマーケティング戦略を支える分析基盤
  5. 【調査】軽減税率への対応、御社の会計処理はいかがですか--「対処済は2割ほど」が現実!?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]