オフィスソフト

「Microsoft Project」--クラウドにシフトするMSのプロジェクト管理ツール

マイクロソフトのプロジェクト管理ツール「Project」は、他の「Office」アプリケーションと同じく、クラウドサービスへの依存度をますます高めている。

 「Microsoft Project」がビジネスユーザーや専門職のプロジェクトマネージャー向けのツールとして初めてリリースされたのは1984年のことだ。当時は「MS-DOS」版だった。それから数十年が経ち、Microsoft Projectは、サーバ版およびデスクトップ版のアプリケーション、アドオンや連携ツールのエコシステム、オンライン版、モバイルアプリの揃った標準的なビジネス用ソフトウェアになった。「Project 2018」では、スクラムやかんばんを使用したアジャイルなプロジェクト管理方法が加わったが、「Project 2019」はかなり小規模なアップグレードだった(たとえば、タイムラインバーにラベルを付けたり、ID番号ではなくタスク名を表示したりできる)。

 それは、デスクトップ版アプリケーションがなくなるわけではないにしても、他の「Office」アプリケーションと同じく、Projectもクラウドサービスへの依存度をますます高めているからだ。Projectを利用できる「Office 365」サブスクリプションがあれば、デスクトップ版Projectアプリは「Project Onlineデスクトップクライアント」という名称で、他のデスクトップアプリ版Officeと同様に、サブスクリプションの一部として新機能が利用できる。

 そうした機能のうち、「Microsoft Planner」との連携など、一部は「Project Server」で利用できない。クラウドへの移行は、臨時のプロジェクトマネージャー、つまりMicrosoftが言うところの「偶発的な」プロジェクトマネージャーにとって特に重要だ。というのも、そうしたプロジェクトマネージャーは、Projectの利用を検討する際に「Trello」のようなサービスを選ぶ可能性があるからだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4309文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]