データベース AI・機械学習 日本アイ・ビー・エム

業務プロセスに組み込む、自然言語でクエリ--IBM「AIデータベース」の勘所

日本IBMは北米データセンターでクラウド型DWH「Db2 Warehouse on AWS」のFlexプランを3月末から提供する。今後はMicrosoft Azureなど他のパブリッククラウドへの展開も予定している。

 日本IBMは、米国で開催した年次イベント「Think 2019」で発表した「AIデータベース」ビジョンを解説する事業戦略説明会を3月26日に開いた。北米データセンターでクラウド型のデータウェアハウス(DWH)「IBM Db2 Warehouse on AWS」のFlexプランの提供を3月末から開始することを米国に先駆けて明らかにした。今後はMicrosoft Azureなど他のパブリッククラウドへの展開も予定している。

 クラウド事業本部 Data and AI事業部 Products & Solutions統括部長 村角忠政氏は人工知能(AI)時代におけるAIデータベースを通じて「顧客の業務アプリでAI化を促進したい」と事業戦略をつまびらかにした。

 日本IBMは企業におけるAI活用の段階として、日本企業の94%はAIが競合他社との差別化に不可欠な要因と認識し、AI OCRやチャットボット、画像認識を使用しつつ、他業務への横展開に取り組んでいる。だが、業務プロセスにAIを組み込んで活用しているのは「米国調査だが、20社中1社のみ」(村角氏)にとどまるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1597文字 ログインして続きを読んでください。

「データベース」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]