財務・経理

紙と人海戦術の業務は見直す時期--経理財務自動化のBlackLine、日本で展開

経理財務業務を自動化できるクラウドサービスを提供するブラックライン代表取締役社長の古濱淑子氏は「会計や人事、経営管理はアナログ処理が多い」と間接部門でのデジタルトランスフォーメーション優先度の低さを指摘する。

 経理財務業務を自動化するクラウドサービスを提供する米BlackLineが日本市場に参入している。同社創業者で最高経営責任者(CEO)であるTherese Tucker(テリース・タッカー)氏は3月25日に開いた事業戦略説明会で「日本でのファイナンスオートメーション市場の確立と市場成長を牽引するため、2019年は特に日本市場に注力する」と説明、導入企業数として2019年は10社、2020年は50社、2021年は100社の目標を掲げた。

 2001年に米国で創業したBlackLineは、企業の決算業務や会社間勘定など主な経理財務プロセスを自動化することで、経理財務業務を最適化するクラウドサービスを展開している。導入企業はThe Coca-Cola Companyやスポーツウェアなどを手掛けるUnder Armourなど世界150カ国、2600社を超え、エンドユーザー数は22万2000という。2018年10月にはロンドン、シンガポール、シドニーに続く日本法人を設立し、今回の事業戦略説明会開催に至った。

 日本CFO協会の調査によれば、デジタルテクノロジが及ぼすインパクトとしてスピード向上を掲げたのは93%、会計数値の品質や履歴管理の向上は89%、業務遂行体制の変化は93%、業務工数や人員の大幅な削減を掲げるのは89%に及ぶ(複数回答)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1855文字 ログインして続きを読んでください。

「財務・経理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]