セキュリティ 開発 運用 ガートナージャパン

ガートナーが語る2020年に向けた注目ポイント--取るべきアクションも提言

ガートナーが「2020年に向けてITやセキュリティ領域に大きな影響を与える注目すべきイベントと推奨」を発表。4つの観点から企業が2019年に開始すべきアクションを提言している。

 ガートナージャパン(港区)は3月25日、「2020年に向けてITやセキュリティ領域に大きな影響を与える注目すべきイベントと推奨」を発表した。同社アナリストでシニアディレクターの礒田優一氏は、2019年を「新しい時代の幕開けに向けた“期待”と“不安”、あるいは新たな“機会”と“リスク”が交錯し、混沌とした状況になりつつある」とコメント。環境の急速な変化とデジタル化のスピードに乗り遅れることなく、予測困難な時代においても自社のビジネス環境に関連する事象を冷静に分析し、活路を見いだす必要があるという。

 2020年に向けて予定される主なイベントでIT/セキュリティリーダーが特に考慮すべき点を「サイバーセキュリティとプライバシー」「システム開発/運用」「デジタルワークプレイス」「デジタルトランスフォーメーション」の4つのカテゴリに分類。企業が2019年から開始すべきアクションまでを解説している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1852文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 自社の「働き方改革」の取り組みに不満がある社員は47.1%!最新調査結果に見る日本企業が抱える課題
  5. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]