BI マイクロストラテジー・ジャパン

マイクロストラテジー、BI新製品--Power BIやTableauなど他社製BIと連携

マイクロストラテジー・ジャパンは、BIツール新製品「MicroStrategy 2019」の提供を開始。「すべてのビジネスパーソンがインテリジェンスにアクセスできる環境」を狙っている。

 ビジネスインテリジェンス(BI)ツールの専業ベンダーであるマイクロストラテジー・ジャパンは3月22日、企業向けBIプラットフォーム「MicroStrategy 2019」を発表した。すでに2月から提供を開始している。

 MicroStrategy 2019は「HyperIntelligence」「Transformational Mobility」「Federated Analytics」で構成される。導入コストはで1ユーザーあたり700ドルだが、プラットフォームをユーザー企業が用意する場合は1ユーザーあたり300ドルとなり、ボリュームディスカウントも用意。期間限定のキャンペーンも展開する。

 HyperIntelligenceは、Office 365やSalesforceなどウェブブラウザ経由で動作するソリューションに対して、必要な情報へアクセスする「HyperCard」を新たに搭載。Transformational Mobilityは、スマートフォンやタブレット用アプリケーションをノンコーディングで構築できる。Federated Analyticsは、MicroStrategy以外のBIツール向けコネクタを用意して、「大企業におけるSVOT(Single Version of the Truth:唯一の真実)を実現する」(プレジデント 印藤公洋氏)という。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1585文字 ログインして続きを読んでください。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]