クラウドサービス AI・機械学習

「TensorFlow」入門--グーグルのオープンソースMLソフトウェアライブラリ

「TensorFlow」は、グーグルが開発し、オープンソース化した機械学習ライブラリだ。利用できる機能や「TensorFlow 2.0」での改善点などを解説する。

 「TensorFlow」は当初、Google Brain Teamのディープラーニング研究プロジェクトだったが、Googleの50のチームの共同作業によって新たなオープンソースライブラリとなり、「Google Assistant」「Google Photos」「Gmail」「Google Search」など、Googleのエコシステム全体に展開された。GoogleはTensorFlowを導入したことで、知覚や言語理解のタスクを使用して、ディープラーニングをさまざまな分野に応用することができる。

 この入門記事では、TensorFlowに関する最新情報を紹介する。

概要

  • どんなものなのか:Googleは世界最大の機械学習インフラストラクチャを有しており、TensorFlowによって、それを共有できるようになった。オープンソースライブラリであるTensorFlowでは、ソフトウェア開発者が製品にディープラーニングを適用するためのツールが提供されている。
  • なぜ重要なのか:ユーザーのサービスやデバイスとの関わり方の進化において、AIは極めて重要な要素になった。開発者は、こうした強力なライブラリ群を利用することで、ディープラーニングの強力な進化を製品に組み込むことができる。
  • 誰が影響を受けるのか:開発者とユーザーに永続的な影響があるだろう。TensorFlowはオープンソース化されたため、すべての開発者が利用できるようになった。これにより、製品を大幅に強化して、さらに高度なインテリジェンスを組み込み、精度を高めることができる。
  • いつリリースされたのか:米国時間2015年11月9日に最初にリリースされ、安定版が2017年2月15日にリリースされた。「TensorFlow 2.0」のアルファ版は先ごろ提供開始となり、Googleによると、よりシンプルで直観的に使えるようになっているという。
  • どうすれば利用できるのか:開発者はTensorFlowのGitHubリポジトリからソースコードをダウンロードできる。ユーザーはすでにその効果をGoogleのエコシステムで実感しているはずだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4052文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]