PaaS ノンプログラミング開発ツール サイボウズ

「kintone」でアメリカに再進出するサイボウズ--日本流のエコシステムに強み

サイボウズはPaaS「kintone」でアメリカに再進出している。青野慶久社長は「自信はない」と語るが、実際にはユーザー企業を増やしている。日本で獲得したエコシステムが米国でも効いているという。

アメリカでのロゴ(出典:kintone)
アメリカでのロゴ(出典:kintone)

 グループウェアを主軸とするサイボウズ(中央区)は2014年にPaaS「kintone」を前面に押し出した米国法人kintone Corporationを設立。2005年に米国に進出したが撤退。今回は2度目の米国進出になる。サイボウズで代表取締役社長を務める青野慶久氏は今でも「自信はない」と語る一方、2018年は導入社数が6割増、売り上げとしても5割弱が増加。2019年はさらなる加速を狙うという。

 “自信がない”と語る裏側には、kintone Corporationを取り巻く競合状況がある。「世界の時価総額ランキングで見ると、トップ10のうち5社がグループウェア事業を営んでいる」(青野氏)。Google、Microsoft、Facebook、阿里巴巴(Alibaba)、騰訊(Tencent)などと競合し、無謀とも捉え兼ねられない状態と説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1101文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]