グループウェア PaaS ノンプログラミング開発ツール サイボウズ

売上高が過去最高を更新--2018年12月期にみるサイボウズ好調の背景

サイボウズの2018年12月期は売上高が前期比18.9%増の113億円で過去最高を更新、営業利益が前期比37.5%増の11億円となった。

 グループウェアの開発、販売、運用を事業とするソフトウェアベンダーのサイボウズ(中央区)。2018年12月期の売り上げは前期比18.9%増の113億円で過去最高を更新した(営業利益は前期比37.5%増の11億円)。有償契約は100万ユーザー、2011年から提供するPaaS「kintone」の導入社数は1万社を突破するなど、売り上げ以外の数も順調だという。2月27日に開いた事業戦略説明会では、2018年度を振り返るとともに今後の戦略を語った。

 中小企業向けのグループウェア「Office」は、3年連続過去最高売り上げを記録。大企業向けのグループウェア「Garoon」、企業の“ファーストグループウェア”にぴったりと表現するメール共有サービス「メールワイズ」など、2018年度は展開するすべての製品が好調な売り上げを記録したという。

IT化は生産性の格差をもたらした

青野慶久氏
青野慶久氏

 サイボウズで代表取締役社長を務める青野慶久氏は、好調の原因をツールと風土が進化する現状にあると分析しているという。これまでのOA化、IT化の歴史を「電話やファクス、ワープロなどのOA機器で手書き以上の効率化が可能になった。また、PCやメール、インターネットなどIT化で一層促進し、生産性が向上した」(青野氏)と評価する。

 一方、それらはあくまで“個人”の強化にとどまっていたと説明。生産性を飛躍的に向上させるが、うまく使いこなせない人もいたと指摘し、強者がより稼ぐ構図を助長する、個人の格差を広げる一因にもなっていたと分析する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2006文字 ログインして続きを読んでください。

「グループウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]