通信・通話

新規格「USB 4」について知っておきたいこと

「USB 4」の完全な仕様が「2019年半ばに」正式に公開される見通しであることが、USB Promoter Groupが米国時間3月4日に発表した。

 「USB 4」の完全な仕様が「2019年半ばに」正式に公開される見通しであることが、USB Promoter Groupが米国時間3月4日に発表したプレスリリースで明らかになった。USB 4はIntelの「Thunderbolt 3」の仕様をベースとすることで、40Gbpsのデータ転送速度を達成でき、帯域幅は先に発表されたUSB 3.2仕様の2倍になるという。

 Intelは2017年、Thunderbolt 3をロイヤリティフリーのライセンス下で業界に公開すると約束しており、USB Promoter GroupとUSB-IFにとって、次世代のUSB規格としてUSB 4を採用する道が切り開かれた。

 注目すべき点は、Thunderbolt 3自体がPCIe 3.0とDisplayPort 1.2信号をサポートし、4Kモニタを60Hzで駆動できるほか、外部GPUのサポートにより、ノートPCや「Mac mini」のような小型フォームファクタコンピュータのグラフィック機能を向上させることだ。実際にThunderbolt 3で40Gbpsのデータ転送を達成するのは、一見した印象よりも手間がかかる。というのも、50cmを超えるケーブルを使用する場合は、コネクタ部分に回路が組み込まれた「アクティブ」ケーブルが必要になるからだ。

 USB 4の仕様ではこの点をどのように対処するのかまだ明らかになっていないが、同プレスリリースでは「40Gbpsの認定を受けたケーブル」と記載されている。バスを汎用にする一方、アプリケーション固有のケーブルに依存することが実際に有用かどうかは疑問の余地がある。十分な知識のない人のために説明すると、数十年前に採用された業界標準の色識別よりさらに紛らわしい事態になってもおかしくはない。

 USB 4の正式な仕様が発表されるのは2019年半ば頃になる見通しだが、USB 4対応のシステムが2020年までに登場する可能性は低い。Thunderbolt 3は既にそれなりの数が出回っていることを考えれば、システム設計者はUSB 4の仕様を楽に習熟できる可能性が高い。もっとも、サーバやデスクトップ、ノートPC向けに同仕様を提供するのに必要なチップが発売されるまでには時間がかかるだろう。

USB 3.2:まもなく身近なコンピュータでも対応へ

 USB 3.2の仕様は、2017年に正式公開されているが、最終的な命名規約がこの2月に発表された結果、世界的な非難を浴びたのは記憶に新しい。これは、不必要にも過去に公開された規格にさかのぼって名称変更するという、ブランディングに対するUSB-IFのあまりにずさんな決定が原因だ。

 USB 3.2はUSB-Cでのデータ転送速度が2倍の20Gbpsとなることから、USB-IFが同テクノロジを「USB 3.2 Gen 2x2」と表記することにしたのだが、常識に対する挑戦であるのは明らかだ。USB 3.2の提供に伴い、命名規約が次のように更新される。

USB世代旧名称新名称転送速度タイプブランド名
USB 3.0USB 3.1 Gen 1USB 3.2 Gen 15GbpsUSB-
A/C
SuperSpeed USB
USB 3.1USB 3.1 Gen 2USB 3.2 Gen 210GbpsUSB-
A/C
SuperSpeed USB 10Gbps
USB 3.2なしUSB 3.2 Gen 2×220GbpsUSB-
C
SuperSpeed USB 20Gbps

 USB 3.2対応デバイスは2019年後半に発売が見込まれている。米ZDNetに記事を投稿しているLiam Tung氏によると、「消費者にとって幸いなことに、USB-IFはデバイスメーカーに向けて、SuperSpeedというブランド名を使い続けるよう推奨している」という。


提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 本質的なコスト削減とアジリティ向上は“サーバーレスアプローチ”無くして実現不可能
  2. Pure Storageだから実現する機能!高性能と手軽さを両立させる“秘訣”教えます
  3. 企業価値は「データリテラシー」で5億ドル分の底上げも--では、御社がそれを獲得する取り組みの方法は?
  4. Dropboxと社内のファイルサーバーを共存! 低コストで効率的なファイルマネジメントを実現する
  5. 機械学習は敷居が高い?使い慣れたSQLを使い、手間をかけずに大量データを分析

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]