クラウドストレージ Box Japan

クラウドストレージと連携したアプリを構築できる「Box Platform」を提供

Box Japanは、クラウドストレージ「Box」と連携したアプリケーションを構築できる「Box Platform」を4月から提供する。Boxに格納されるファイルを業務プロセスに流すことができる。

 Box Japanは3月12日、2020年度(2019年2月1日から2020年1月31日)の事業戦略説明会を開催。これまで注力してきたファイルの同期や共有といった“企業向けコンテンツ管理(Enterprise Content Management:ECM)”から“クラウドコンテンツ管理(Cloud Content Management:CCM)”市場の開拓を目標に掲げた。

 代表取締役社長 古市克典氏は「CCMと“ベスト・オブ・ブリード(BoB)”をITの世界で実現する」と説明。その一環として、Boxと連携するカスタムアプリケーションの構築を可能にする「Box Platform」を4月1日から提供する。

 Box PlatformはBoxとは異なる料金体系を設けており、月間APIコール数(API Calls)、月間データ転送量(Bandwidth)、月間アクティブユーザー(MAU)、ストレージ容量(Storage)の単品ライセンスと、17万5000回のAPI Calls、125GBのBandwidth、125GBのStorage、100のMAUをセットにしたBox Platform Enterprise×1を最小構成として用意。利用企業はBox Platform Enterpriseのライセンス契約後、足りない部分を単品ライセンスで補う形となる。Box Japan国内代理店が販売する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2341文字 ログインして続きを読んでください。

「クラウドストレージ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]