スマートフォン

「Galaxy S10 5G」入門--サムスンの5Gスマホの特徴や利点など

「Galaxy S10 5G」は、サムスンのスマートフォンラインアップの5G対応モデルだ。6.7インチの「Infinity-O」ディスプレイや超音波指紋センサなどの新機能、5Gによって実現する使い方などを紹介する。

 サムスンの最新フラッグシップスマートフォン「Galaxy S10」には、5G対応モデルもある。発売は2019年春の予定だ。

 「Galaxy S10 5G」は、サンフランシスコにおいて米国時間2月20日に開催の「Samsung Unpacked」で発表された。6.7インチの「Infinity-O」ディスプレイ、超音波指紋センサ、背面に4つのカメラを搭載した新システム、Qi対応デバイスを充電できる「Wireless PowerShare」機能を備える。

 Galaxy S10 5Gは、サムスンがUnpackedで発表したスマートフォンラインアップ4機種の1つだ。同イベントでは他にも、折りたたみ式のスマートフォン/タブレットデバイス「Galaxy Fold」や、3種類の新型ウェアラブルが発表された。残り3機種のスマートフォンは、Galaxy S10、「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」で、Unpackedで発表されたウェアラブルは「Galaxy Watch Active」「Galaxy Fit」「Galaxy Buds」だ。

 「まもなく、ネットワークの混雑は過去のものになるだろう。5Gがすべてを変える。まったく新しい方法での接続やコミュニケーションが可能になる。クリエーターやイノベーターは、これまでなら不可能に思えたアイデアを形にできるようになるだろう。テクノロジ業界全体が何十年も前から5Gの基盤を築いてきた」。サムスンの製品マーケティングおよびポートフォリオ戦略担当シニアディレクターのDrew Blackard氏は、Unpackedでこのように語った。

Galaxy S10 5Gとはどんなものなのか

 サムスン初の5Gスマートフォンだ。一部の地域で3月8日に発売されたS10、S10+、S10eと同時に発表された。Galaxy S10 5Gの発売は2019年第2四半期の予定だが、具体的な発売日は発表されていない。

 Galaxy S10 5Gの6.7インチInfinity-Oディスプレイには、サムスンの新しい超音波指紋センサが組み込まれている。Galaxy S10 5Gは逆方向のワイヤレス充電機能Wireless PowerShareも搭載しており、Qi対応デバイス(サムスンのGalaxy Budsなど)を本体の上に直接置いて充電することができる。また、サムスンの「3D Depth Camera」によって3D画像を撮影し、「Video Live Focus」や「Quick Measure」に利用できるほか、4500mAhのバッテリは25Wの「Super Fast Charging」に対応する。

 企業ユーザーに最適な「DeX」ドッキングシステムへの接続も可能だ。

 5G機能により、5Gネットワーク上での高速ダウンロード、遅延のない視聴体験、ARやVRの利用、リアルタイムの4Kビデオ通話が実現する。

 カメラは背面に4つ、前面に2つ搭載されている。

 「ネットワークのスピードが上がるにつれて、今では想像もつかないようなことをスマートフォンでできるようになるだろう。そのような体験を実現するために、S10 5Gには、強力な新型3D深度検知カメラを備える最先端のカメラシステムを搭載した。まず、このカメラでは今まで以上に素晴らしい写真や動画の撮影が可能だ。たとえば、背景ぼかしなどの効果をリアルタイムで動画に追加できる。周囲の環境のマッピングと測定は、信じられないほどの詳細さと精度で実行される。拡張現実機能に関しては、大変革を起こすものになるだろう。ネットワークの高速化と3D空間マッピングにより、ユーザーは自分の周りの世界とリアルタイムで対話できるようになる」(Blackard氏)

5Gスマートフォンとはどんなものか、なぜ重要なのか

 モバイルネットワーク事業者は5Gネットワークの展開を急いでおり、スマートフォンメーカーはこの新しい第5世代ネットワーク用デバイスの開発を急ピッチで進めている。真の5Gデバイスは、最大で毎秒20ギガビットのデータ転送が可能な業界標準「5G NR」に対応するものだ。5Gは、LTEやWiMAXなどの4G規格とは異なるため、既存の4Gスマートフォンでは利用できない。

 サムスンは5G技術の力を非常に重視しており、その超高速の通信速度を盛んに宣伝している。

 Blackard氏は次のように語った。「かつて、第1世代のネットワークによって、基本的に無線で電話をかけられるようになった。第2世代のネットワークではモバイルデータが導入され、テキストメッセージの時代が到来し、コミュニケーションのあり方が変わった。3Gでは出先でのインターネット接続が現実になり、モバイル機器での電子メールとウェブ閲覧が新たな標準となった。そしてこの10年間は、4Gが新しいアプリ経済、ソーシャルメディアの発展、音楽と動画のストリーミングへの道を開いた。ネットワークが進化するたびに、モバイルの革新があった。5Gは過去最大の進歩となる」

 5Gスマートフォンの最大の利点の1つは、4Gスマートフォンに比べて高速で遅延が少ないことだ。5Gスマートフォンは4Gスマートフォンより約20倍高速で、遅延を1ミリ秒まで減らすことができる。そのため、人口が密集した地域でより多くのスマートフォンを使えるようになる。Blackard氏によると、1平方kmあたり100万台ものデバイスの使用が可能で、これは4Gの10倍に相当するという。

 「S10 5Gの超高速の通信速度により、コンテンツの利用方法が一変するだろう。映画を驚異的な速度でダウンロードして視聴し、ゲームをクラウドからオンデマンドでストリーミングすることが可能になる。お気に入りのコンテンツすべてに瞬時にアクセスできるようになる」(Blackard氏)

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは
  2. ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説
  3. 問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備
  4. 緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策
  5. たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]