コミュニケーション 内田洋行

内田洋行、会議の改善診断サービス--会議室運用管理サービスのデータを分析

内田洋行は「会議改善診断サービス」を4月22日から提供する。会議室運用管理サービス「SmartRooms」に蓄積されるデータで生産性を向上させるための“ワークプレイス”を診断する。

 内田洋行(中央区)は3月6日、「会議改善診断サービス」を発表した。4月22日から提供する。会議室運用管理サービス「SmartRooms」に蓄積されるデータで生産性を向上させるための“ワークプレイス”を診断する。

 多拠点の会議室の予約を管理するとともに空き状況を把握して会議室の回転率を高められることを狙ったSmartRoomsは、グループウェアと会議室の入り口前に備え付けられた端末がリアルタイムに連動。グループウェアから会議室を予約して端末からも会議室の予約状況を確認できる。端末からは会議の終了や長引いた場合の延長も操作できる。

 会議室の入り口前に備え付けられた端末で「入室」ボタンを押すことで会議室は利用できる。一定時間が経過した後で入室がない場合は自動的にキャンセルされる。会議の終了時刻前にアラームで通知され、次の会議室利用者への交代を促す。会議室が予約されていない場合は、端末に「今から○分」と利用時間を指定すれば、その場で予約して利用できる。

 ある調べでは、会議室の4分の1は予約しても利用されない“カラ予約”とされ、問題視されるようになっている。会議室などの設備を担当する部署である総務部門には「会議室が足りない」「いつも予約でいっぱい」という苦情が寄せられることが多いと指摘。そうしたことから総務部門では「会議室を増やした方がいいのか。意思決定できない」という悩みを抱えることになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1567文字 ログインして続きを読んでください。

「コミュニケーション」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]