開発ツール

「Orange Pi 3」レビュー--残念な使用結果となったラズパイ競合ボード

「Orange Pi 3」は、35ドルの新しいシングルボードコンピュータだ。スペックは「Raspberry Pi 3 Model B+」と遜色ないものの、「Ubuntu 16.04」を使ったテストの結果は思わしくなかった。

 ほとんど使い物にならない低価格コンピュータに意味はあるのだろうか。

 筆者がこの疑問を感じたのは、35ドルの新しいシングルボードコンピュータ(SBC)である「Orange Pi 3」のテストを終えた後だ。同端末のスペックシートでは、「Raspberry Pi 3 Model B+」の性能を上回り、CPUとGPUはさらに高速で、より大容量のメモリを搭載し、4Kディスプレイを使用可能とされている。

 問題は、そうした理論上の高性能を引き出すのが難しいことだ。提供されたソフトウェアにバグが多すぎて、基本的な機能すら満足に動作せず、不具合もある。市場には不安定な低価格シングルボードコンピュータがあふれており、数少ない安定したプラットフォームを提供するというRaspberry Piの役割が、今回の体験によって大いに際立つことになった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5850文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 繁栄企業と何とか生き残っている企業の差とは? DX時代に必要なストレージインフラ
  2. テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?
  3. 多様化するリーガルテック市場の日米動向と現在の企業が抱える契約課題における解決策とは
  4. クラウド導入メリットを妨げる“煩雑なデータ管理”を解消するベストプラクティスとは?
  5. 【事例】コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」で、会議や働き方を変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]