PC SaaS シネックスジャパン

第2回:Chromebookが持っている無限の可能性

「Chromebook」はウェブブラウザ「Google Chrome」の活用に最適なノートPC。ブラウザ経由で活用する様々な「Chromeアプリ」に加え、「Androidアプリ」も活用可能だ。

 第1回では「Google Chrome」と「G Suite」の特長についてお伝えしましたが、第2回目は「Chromebook」が秘める多彩な可能性と実際の事例をご紹介いたします。

 前回Chromebookの特徴としてChromeブラウザを使って様々なサービスを利用することを解説しましたが、よくこの話をいろいろな方にすると、

「ブラウザだけってことはネットサーフィンするためにChromebookを使うの?」
「それだけで何ができるの?」
「アプリ使えないのに仕事で使えるの?」

という声を耳にします。

 確かに“Chromeブラウザしか”使えないということを強調してしまうと、ブラウジングのためだけのシンクライアントのイメージしか沸かないかもしれません。

 今回はそのような方に向けてChromebookの活用方法と活用事例を紹介いたします。

Chromebookで利用できる「Chromeアプリ」

 Chromebookで利用できるツールはChromeブラウザの他にも用意されており、代表的なものとしては「Chromeアプリ」があります。「アプリは使えないのでは?」と想像してしまうかもしれません。ChromeアプリとはGoogleが提供する「Chromeウェブストア」というマーケットプレイスに登録してあるアプリケーションのことで、HTML5、CSS、JavaScriptなどウェブで使われているテクノロジで作成されたアプリケーションの総称です。Chromeブラウザへの機能追加など、ブラウザ経由で使用します。

 また、GoogleはChromeアプリを開発するツールを提供していますので、自社で独自にアプリを開発可能で、例えばデジタルサイネージやサービス提供用のキオスク端末用に利用できます。図書館の検索端末、観光案内用のマップ情報、ホテルなどの案内表示、アパレル系のデジタルサイネージなどに利用されています。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2145文字 ログインして続きを読んでください。

「PC」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]