AI・機械学習

AIは「インテリジェント」なだけ--倫理的なAIには倫理的な人間が必要

人類が自分たちより倫理的なマシンを設計できるかと言えば、不可能だ。AIを利用して、人間の偏りを明らかにすることで、われわれ自身とその社会をポジティブなサイクルで向上することが求められるようになっている。

AIは悪たりえるか? AIの仕組みと倫理の果たす役割を考える

 1月に世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」がスイス・ダボスで開催された。主要な議題の1つとして人工知能(AI)が浮上し、40のセッションが行われ、AI関連のセッションは米中貿易の次に多いトピックとなった。しかし、AIの倫理の重要性に関する抽象的な原則の明確化やこの分野のコラボレーションや研究の要請について話し合われた程度であった。

 AIの力がますます強まり、領域も拡大を続ける中、われわれが今後直面する可能性がある問題について表明、議論することは非常に重要だと筆者は考える。このことは最終的に、インターネット以外の世界にも影響を及ぼすであろう。

 われわれは現在、単なる話し合いではなく、アクションが必要な段階に到達している。導入や実施に関する具体的なメカニズムを提案することなく、崇高な理念の議論を繰り返すことは、問題に対する表面的な取り組みであり、企業の利益に影響を及ぼすあらゆる行動からは、かけ離れたものである。セキュリティがそうであるように、倫理も単なるパブリシティの問題ではない。

 ダボス会議で見受けられた主張の一部は、筆者が以前に表明した所感と同じものであり、AIがビジネスや社会に及ぼすであろう影響の診断としては有益である。

 ディストピア化が進む中、筆者が近年表明していた1つの見解として、テクノロジのことは分からないというアンチテクノロジの機運があるが、この点はSalesforce.com最高経営責任者(CEO)のMarc Benioff氏も強調していた。こうした基本的な特性をわれわれが認める際、AIを世界にどのように組み込むかという疑問がますます重要になる。原子の分裂が有益なエネルギーの生成にも、破壊的な爆弾の製造にも応用できるように、AIは善としても悪としても、われわれに圧倒的なパワーを与えてくれる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3753文字 ログインして続きを読んでください。

「AI・機械学習」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]