セキュリティ

クラウドベンダーを賢く選ぶ--セキュリティに配慮した5つのヒント

クラウドセキュリティに関しては、優れたクラウドベンダーと凡庸なクラウドベンダーの違いを知っておく必要がある。

 クラウドは多くの利点を企業に提供するが、それと同じくらい多くの課題も発生する。適切なデータセキュリティを確立し維持することも、そうした課題の1つである。

 筆者はクラウドセキュリティについて、クラウドITプロバイダーNerdioの最高情報責任者(CIO)を務めるAndrew Bunyi氏と話をし、この問題に対する洞察を聞かせてもらった。

 「マルウェア攻撃の被害者の58%が小規模企業に分類され、それらの攻撃に関連する頻度(とコスト)が増加の一途をたどっている時代において、『セキュリティと手頃の価格のどちらを重視すべきか』という考えは、IT戦略を計画する企業にとって、二者択一の問題である必要はない。実のところ、これまでも決してそうではなかった。これからも、決して変わるべきではない」(同氏)

セキュリティをアウトソーシングする

 効果的で継続的なITセキュリティを確保する最善の方法は、知識のあるマネージドサービスプロバイダーをパートナーとして自社の取り組みの関与させることだ、とBunyi氏は主張する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1749文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドの検討・導入時に必ず抑えるべき13の確認事項を集約!まずはチェックシートで確認を
  2. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. 徹底比較!各社のクラウドセキュリティサービス─見落としがちなポイントも解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]