RPA

「ロボットはつまずきながら成長する若手社員」電通が進めるRPA普及の秘策

労働環境改革を進める電通は2017~2018年に総労働時間の短縮に成功している。同社グループは「ロボット人事部」でRPAへの不信感を減らすとともにロボットのエラーを修正している。

 労働環境改革を進める電通は2017~2018年の2年間に「総労働時間を80%に」「創出した20%で新たな価値創造」を合い言葉に取り組んできた。その結果として2014年は2252時間、2015年は2187時間、2016年は2166時間の総労働時間が、2017年は2031時間(目標2100時間)、2018年は1952時間(目標1950時間)と順調に効果が現れている。同社もロボティックプロセスオートメーション(RPA)を効果的に活用している。

 RPAツール「UiPath」を提供するUiPathが1月30日に開催したイベント「#UiPathForward Japan」に電通と電通デジタルが「RPAの保守運用管理の現場から」という講演に登壇して、2社のRPA活用を解説した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1996文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  2. 4社に1社が事故を経験! マルチクラウド時代のセキュリティとは
  3. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  4. スマホ普及率が71.8%越えに─失敗しないモバイルマーケティングの実践方法とは
  5. DX時代に必須! 「サイバートランスフォーメーション」の要諦

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]