スマートフォン

「Galaxy S10/S10+/S10e/Fold」入門--サムスン最新スマホの特徴とスペック

サムスンは新型スマートフォン「Galaxy S10」シリーズを発表した。超音波指紋センサ、「Wireless PowerShare」などの新機能や、同時に披露された折りたたみ式デバイス「Galaxy Fold」を紹介する。

 初代「Galaxy S」スマートフォンの発表から10年が経過した今、サムスンは「Samsung Unpacked」において、「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10e」「Galaxy Fold」の4機種を新たに発表した。749ドルのスマートフォンから1980ドルという驚きの価格の高級デバイスまで、多彩なラインアップだ。

 Galaxy S10とS10+は、「Infinity-O」ディスプレイ、超音波指紋センサ、背面に3つのカメラを搭載した新システムのほか、Qi対応デバイスを充電できる「Wireless PowerShare」機能も備えている。

 エントリーレベルのGalaxy S10eと、スマートフォンとしてもタブレットとして使用できる折りたたみ式デバイスGalaxy Foldも発表された。価格はGalaxy S10eが749ドルから、Galaxy S10が899ドルから、Galaxy S10+が999ドルから、Galaxy Foldが1980ドルからとなっている。

 サムスンは、Galaxy S10の5G対応版である「Galaxy S10 5G」を2019年第2四半期に発売する予定だ。

Galaxy S10とはどんなものなのか

 Galaxy S10はサムスンの最新主力スマートフォンだ。「Galaxy S9」(2018年2月発売)の後継機種で、サムスンの「S Pen」が付属する「Galaxy Note9」(2018年8月発売)よりもビジネスユーザー向けのモデルになっている。Galaxy SシリーズのスマートフォンにS Penは付属しない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約6631文字 ログインして続きを読んでください。

「スマートフォン」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]