BI

WebFOCUS:データ視覚化やセルフサービスにも対応するBIプラットフォーム

BIプラットフォーム「WebFOCUS」は、定型レポートやダッシュボード、セルフサービスなどの機能を搭載。エンドユーザーやグループ情報を管理可能。

WebFOCUSのポイント

  • 定型レポートで日常の業務に必要な情報をタイムリーに取得
  • 手元のデータをアップロードして視覚化
  • グラフやチャートを組織で共有してコメントも共有

WebFOCUSの製品解説

 米InformationBuildersの「WebFOCUS」はビジネスインテリジェンス(BI)プラットフォーム。定型レポートやダッシュボード、データの可視化、セルフサービスなどの機能を搭載している。

編集部おすすめの関連記事

 IT部門が利用者の思考に沿ってあらかじめデザインした「情報アプリケーション」では、直感的な操作性で、あらゆる利用者がいつでもどこでも必要な情報を取得することが可能と説明。独自の視点で必要な情報を自由に取得したいパワーユーザーのための機能「セルフサービス」は、情報から得た気づきを関係者に共有し、利用者の意思決定力を向上。

 定型レポートは、日常の業務に必要な情報をタイムリーに取得できるようになっている。検索機能は、出力項目や集権軸の切り替え、出力形式の選択などさまざまな条件で検索できる。エンドユーザーのリテラシやニーズにあわせたインターフェースで画面を設計できる。

 ビジネスの状況を一覧できるダッシュボードでは、約100種類のグラフやチャートを活用可能。地理情報と連動した画面も活用可能。レポートの出力結果をもとに抽出条件や出力形式を自由に変更する二次加工もできる。

 出力した画面は、CSV、PDF、PowerPointなどに出力できる。データはExcelにダウンロード可能。既存のExcelのレイアウトや関数、マクロを活用した連携もできるようになっている。

 セルフサービスでは、エンドユーザー自身がデータソースからデータを取得して自由にレポートを出力できるようになる。エンドユーザーの手元にあるデータをアップロードしてそのまま直感的な操作でビジュアライズ可能。データからグラフやチャートを自動で生成してデータの偏りや密度を把握できるようになる。

 エンドユーザーが作ったグラフやチャートを組織で共有可能なほか、コメントも共有できる。データの参照過程をスクリーンショットとしてPowerPointに出力可能、資料として編集して関係者で共有できる。

 データのドリルダウンも可能。テーブル構造にあわせて自動的にセットされるサマリデータから明細データへのドリルダウンと、エンドユーザーの動線にあわせて意図的にセットするドリルダウンが選べる。

 エンドユーザーのニーズやリテラシにあわせて作成できるデザインツール「App Studio」も搭載されている。テーブル結合や中間データの保持、変数の利用などが可能。データ構造を理解していないエンドユーザー向けにExcelやCSVの項目名をあらかじめ変更したりできる。

 管理機能では、エンドユーザーやグループ情報を管理可能。LDAPなどの認証ソースとの連携やシングルサインオン(SSO)にも対応している。グループやエンドユーザーごとにコンテンツや機能単位でアクセスを制御可能、データの列や行の単位で制御することもできる。

 いつ誰がどのレポートを参照したのかアクセスログを設定して取得可能。加えてサーバへのリクエスト状況やデータベースへのリクエスト状況なども監視できる。

WebFOCUSのまとめ
用途と機能BIプラットフォーム
特徴ビジネスの状況を一覧できるダッシュボードでは、約100種類のグラフやチャートを活用可能。エンドユーザー自身がデータソースからデータを取得して自由にレポートを出力。データからグラフやチャートを自動で生成してデータの偏りや密度を把握

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「BI」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]