その他セキュリティ AI・機械学習 A10ネットワークス株式会社

A10、DDoS攻撃対策を強化--増大するマルチベクトルに機械学習で対応

A10ネットワークスは、DDoS攻撃対策専用機「Thunder TPS」を強化するため、機械学習で自動防御が可能という「A10 One-DDoS Protection」を既存製品に無償で提供。新ハイエンドモデルの販売も開始した。

 A10ネットワークスは2月21日、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃対策専用機(アプライアンス)「A10 Thunder TPS(Threat Protection System)」を強化するため、機械学習で自動防御が可能という「A10 One-DDoS Protection」を既存の製品群に無償提供し、1Uの筐体に100Gbpsポート×4を備えることで最大220Gbpsのスループットを実現した「A10 Thunder 7445 TPS」の提供を開始した。

 日本法人代表兼社長の川口亨氏(米国本社バイスプレジデント兼務)は、国内におけるビジネスが堅調であることをアピールしつつ、「他社製フローコレクタとの連携とパートナーシップを強化しつつ、DDoS防御に特化した専門チーム『DSIRT(DDoS Security Incident Response Team)』体制の強化を図り、DDoS対策ソリューション市場で一番手を目指したい」と目標を掲げた。

 複数の方向からサーバへ大量のデータを送信することで、サーバの処理負荷を著しく高めるDDoS攻撃は一般的なサイバー攻撃手法だが、これまでA10ネットワークスは、独自OS「ACOS」による高い緩和性能と収容効率を備えたThunder TPSを提供してきた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1889文字 ログインして続きを読んでください。

「その他セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]