スイッチ

パナソニックES、PoE Plus給電スイッチングハブ新14機種--自動再起動など対応

パナソニックESネットワークスがPoE Plusにも対応するスイッチングハブの新機種を発表。オートリブート機能を搭載するとともに、3つの認証方式に対応。60度まで対応するモデルなど全14機種を4月から順次提供する。

14機種の一つ「GA-ML8TPoE+」(出典:パナソニックESネットワークス)
14機種の一つ「GA-ML8TPoE+」(出典:パナソニックESネットワークス)

 パナソニックグループでネットワーク機器、サービスを提供するパナソニックESネットワークス(港区)は2月25日、「PoE Plus給電」にも対応するスイッチングハブの新機種を発表した。全ポートギガビットに対応し、内蔵のネットワークカード(ポート)1つあたり30Wまで給電できるという。主にネットワークカメラや無線LANアクセスポイントの接続用として、4月から全14機種を順次発売する。

 PoE(Power over Ethernet)はイーサネットで使用するツイストペアケーブル(UTP)を利用し、接続する機器に電力供給できる機能。対応機器のACアダプタや電源工事が不要。1ポートあたりの給電能力はPoEが最大15.4W、PoE Plusが最大30W。PoE PlusはPoEの上位互換性がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1540文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]