CMS アドビ システムズ(disital experience)

CMS「Adobe Experience Manager」新版、制作現場のワークフローを最適化

アドビシステムズは、企業向けCMSの最新版「Experience Manager 6.5」を4月から提供する。コンテンツ制作・管理ワークフローの効率化やコンテンツ配信サービスの強化などを狙っている。

 アドビシステムズは2月22日、企業向けコンテンツ管理システム(CMS)の最新版「Adobe Experience Manager(AEM) 6.5」を発表した。4月からの提供を予定している。

 AEMは2010年7月にDay Softwareを買収することで取得した製品で、「Adobe Experience Cloud」に属する。国内では全日空や丸井、花王、パナソニックなど各種業界で導入されてきた。

 AEM 6.5は「Content Velocity」「Fluid Experiences」「Experience Intelligence」をキーワードに、コンテンツ制作・管理ワークフローの効率化やコンテンツ配信サービスの強化、AIによるコンテンツ管理の効率化とコンテンツ制作の迅速化を図る。

アドビシステムズ グローバルサービス統括本部 プロダクトエバンジェリスト兼シニアコンサルタント 安西敬介氏
アドビシステムズ グローバルサービス統括本部 プロダクトエバンジェリスト兼シニアコンサルタント 安西敬介氏

 アドビシステムズ グローバルサービス統括本部 プロダクトエバンジェリスト兼シニアコンサルタント 安西敬介氏は「消費者のマルチデバイス化に伴う各チャネルへのプロモーション更新は担当者間のやり取りが増えて工数やリードタイムが増えてしまう。その結果として一貫した顧客とのコミュニケーションが不可能。各チャネルに合った形でコンテンツ配信、管理するのが(AEMの)特徴」と語った。

 アドビシステムズが提示した調査データによれば、消費者の複数デバイス利用率は46%に及ぶ。また、接触媒体数を増やすことでブランドへの信頼度が向上するという結果も出ていることから、企業のプロモーション担当者はウェブサイト担当者やアプリケーション担当者、デジタルサイネージ担当者へ適切な素材を提供しなければならない。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2587文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 本質的なコスト削減とアジリティ向上は“サーバーレスアプローチ”無くして実現不可能
  2. Pure Storageだから実現する機能!高性能と手軽さを両立させる“秘訣”教えます
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 企業価値は「データリテラシー」で5億ドル分の底上げも--では、御社がそれを獲得する取り組みの方法は?
  5. 問い合わせ対応業務が激変! AI技術で高精度・高速化した最新チャットボットはどうすごいのか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
CMS
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]