CRM AI・機械学習 セールスフォース・ドットコム

AIに敏感な外資系、ビジネスに実利用--データの分析や活用進まない日系企業

AIが企業の経営に格差をもたらす影響があり、日系企業のAI利用は12%にとどまる一方、6割以上が影響を感じているという。SFDCが調査した。

 企業における人材不足の解決手段に人工知能(AI)の重要性を認識する企業は多いが、データ活用の認識や実利用については外資系と日系で差がある――。2月22日、セールスフォース・ドットコム(SFDC)がインターネットリサーチ企業のマクロミル(港区)に委託したインターネット調査で明らかになっている。

 AIが企業経営の格差に影響を及ぼすかの項目では、及ぼすと回答した割合は外資系企業が70.9%、日系企業は65%になったという。実際に業務でAIを利用しているのは外資系が23.1%、日系が12.2%で、外資系企業はビジネスにおけるAIを重視していると分析。実際に多くの企業で活用が進んでいるとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1908文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]