RPA

人とロボの業務をすみ分ける--パーソルテンプスタッフのRPA活用術の慎重さ

「直感的にプログラムを組めるRPAは、皆が好き勝手に開発し、属人化のリスクを抱える」――。パーソルテンプスタッフはRPAを活用しているが、意外な姿勢で取り組みが進められている。

 大手人材派遣会社であるパーソルテンプスタッフも多くの企業と同様に、増え続ける仕事量やコスト増に伴う構造改革を迫られていた。そこで同社はロボティックプロセスオートメーション(RPA)の活用を進めている。

 RPAツール「UiPath」を提供するUiPathは1月30日にイベント「#UiPathForward Japan」を開催。パーソルテンプスタッフ 業務改革推進本部 本部長 渡部広和氏が「スケーラビリティ。RPAは小さく始めて大きく育てる」という講演に登壇して、同社のRPA活用を解説した。

 2017年5月に1人でスタートした、RPAの推進部署は一定の実績を上げた後、現在は20人弱の体制となっている。「2018年末にはよく言われる“クラス2”といわれるAI+OCR(光学文字認識)の運用も開始し、日々順調に拡大している」(渡部氏)という。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1897文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]