コールセンター・コンタクトセンター SaaS PaaS クロス・ヘッド

Amazon Connectとkintoneを連携させたコンタクトセンターサービス--在宅でも同様に活用可能

「Amazon Connect」の開設、運用などを支援するクロス・ヘッドの「Managed Connect Service」が「kintone」と連携。電話がかかってきたときに顧客情報を自動で表示。顧客への対応履歴も表示し、在宅からでも同様に活用できるという。

 クラウド型コンタクトセンター「Amazon Connect」と、業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」、クラウド型コンタクトセンターサービス「Managed Connect Service(MCS)」が連携する。電話対応と顧客情報が連携したコンタクトセンターサービスとして提供するという。2月21日、MCSを提供するクロス・ヘッド(渋谷区)が発表した。

 受電時にkintone内の顧客情報を自動で検索。顧客情報を確認しながら電話対応ができ、着信履歴も自動で保存するという。社内、在宅など特定のPC環境に依存しないクラウドサービスとなるため、働き方改革におけるテレワークを促進できるとしている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約823文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  2. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  3. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  4. 3つのケースで紹介-“ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的を高めるには
  5. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]