PCソフト インターコム(台東区)

LAPLINK ヘルプデスク:画面共有やファイル転送も可能なリモートサポートツール

リモートサポートサービス「LAPLINK ヘルプデスク」は、オペレーターPCの画面に顧客PCの画面を表示して、直接遠隔操作する。遠隔操作せずに顧客PCの画面にポインタなどで操作を指示することも可能。

LAPLINK ヘルプデスクのポイント

  • 顧客PCの画面にデスクトップペンやレーザーポインタで操作を指示することも可能
  • 管理者権限ユーザーに切り替えて作業を継続
  • 顧客PCとオペレーターPCの双方向でドラッグ&ドロップでファイルを転送

LAPLINK ヘルプデスクの製品解説

 インターコムの「LAPLINK ヘルプデスク」はクラウドサービスの形態で提供されるリモートサポートツール。インターネット環境さえあれば、顧客がウェブからソフトウェアを無料ダウンロードしてもらうだけで遠隔サポートを開始できる。

編集部おすすめの関連記事

 オペレーターPCの画面に顧客PCの画面を表示して、直接遠隔操作する。顧客がダウンロードしたクライアントプログラムを起動した後で対応するオペレーターのアイコンを選択して接続できる。接続する前にパスワード入力が必要とする設定も可能。オペレーターから伝えられる接続番号を入力することで接続を開始するといった使い方もできる。

 遠隔操作せずに顧客PCの画面にデスクトップペンやレーザーポインタで操作を指示することも可能。顧客側で許可してから遠隔操作することもできる。

 リモートサポート中にオペレーターが顧客PCでの「ユーザー切り替え」「ログオン/ログオフ」することもできる。アプリケーションのインストールやパッチファイルの適用が必要となったときに接続を切らずに管理者権限ユーザーに切り替えて作業を継続できる。顧客PCをWindowsのトラブルを修復するために起動するセーフモードで再起動して遠隔操作することも可能。

 企業で利用されているPCでは管理者権限がない場合もあるが、機能に制限があるが、クライアントプログラムをインストールせずにリモートサポートすることも可能。顧客PCで複数のモニタを使用している状況では、全ての画面を共有してオペレーターPCの画面に表示できる。

 複数の顧客と接続可能。接続中の顧客とファイル転送などで時間がかかっているときに、接続状態を維持しながら、別の顧客にリモートサポートするといったことも可能。

 顧客PCとオペレーターPCの双方向でドラッグ&ドロップでファイルを転送可能。ファイルサイズの制限はない。ファイルごとに転送を許可を取るといったこともできる。遠隔操作中に同じ画面上でテキストや音声での会話も可能。テキストでのチャットはファイルとして保存できる。

 リモートサポート中にマイナンバーなどの個人情報や決済情報をオペレーターに見せないよう、顧客側で画面共有を一時停止することが可能。顧客との接続時の通信は全てSSLで暗号化したり、リモートサポート中にオペレーターが使用できる機能を制限したりできる。

 ウェブサイトでのフォームへの入力に疑問や不満を感じている顧客のPCの画面を見ながらコミュニケーションするといった使い方も可能。途中離脱を防止して売上増加につなげられる。

LAPLINK ヘルプデスクのまとめ
用途と機能リモートサポートツール
特徴アプリケーションのインストールやパッチファイルの適用が必要となったときに接続を切らずに管理者権限ユーザーに切り替えて作業を継続。機能に制限があるが、クライアントプログラムをインストールせずにリモートサポートすることも可能。個人情報や決済情報をオペレーターに見せないよう、顧客側で画面共有を一時停止することが可能
税別料金(1ライセンスあたり)
年額:20万円(1~9ライセンス)~、月額:1万8000円
導入企業大塚商会、ANA、リコーITソリューションズほか

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「PCソフト」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]