RPA NEC

スーパーのマルエツ、経理業務にRPA--交通費確認や照合などで時間を10分の1に

関東でスーパーマーケットを展開するマルエツは、本部の経理業務にRPAを活用。200時間の業務を20時間にまで短縮できたという。

 関東1都5県でスーパーマーケット295店舗を運営するマルエツ(豊島区)は、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールを導入。交通費精算と会計システム入力という2つの本部経理業務を自動化し、計200時間の業務を20時間まで短縮したという。2月20日、導入を支援したNECが発表した。

 社員が申請した交通費の確認と、会計システムへ登録する際の金融機関との照合などの一連の作業を自動化。2018年4~6月に実施した実証では、工数の約9割を削減したという。会計システム入力業務においては、複雑な作業のため発生していた社員教育の負担も軽減できたとしている。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]