セキュリティ

ランサムウェア攻撃の損害を最小限に--中小企業に必要な対処法とは

多くの中小企業では、十分なリソースがないため、ランサムウェア対策に着手することさえできない。被害を受けてしまった場合、その損失は大きな痛手となる可能性がある。

 企業がランサムウェアによるデジタル詐欺の被害を避ける方法については、多くのことが書かれてきた。「ランサムウェア感染は、誰かが一見無害な添付ファイルをクリックしてしまったことが原因で始まることが多い。重要なファイルや文書(スプレッドシートやインボイスなど)が突然暗号化されてアクセス不能になれば、あらゆる規模の企業にとって頭の痛い問題になり得る」と米ZDNetのDanny Palmer記者は「What is ransomware? Everything you need to know about one of the biggest menaces on the web」(ランサムウェアとは--ウェブで最も大きな脅威の1つについて知っておくべきすべてのこと)という記事で述べる。「ファイル暗号化ランサムウェアで攻撃された場合、被害者が企業データを取り戻すために身代金を支払うまで、犯人はそのデータを人質に取ると厚かましくも宣言する」(同記事)

 あらゆる警告が発せられているにもかかわらず、ランサムウェアは比類なき成功を収めている。さらに悪いことに、デジタル詐欺師は今では中小企業を標的にするようになった。多くの場合、中小企業には十分なリソースがないため、ランサムウェア対策に着手することさえできない。その損失は恐るべき規模に達している。このRiskIQのインフォグラフィックによると、ランサムウェアは年間80億ドルの損失を企業にもたらしているという。

 ランサムウェアが中小企業に及ぼしている影響に目を向けると、Dattoが計10万社の中小規模企業(SMB)と取引のある1700のマネージドサービスプロバイダー(MSP)を調査し、その結果を「Global State of the Channel Ransomware Report」(チャネルランサムウェアの世界的な現状に関する報告書)という文書で発表した。Dattoは中小企業をMSPとマッチングする組織だ。同文書の冒頭では、ランサムウェア攻撃の件数は今後も増え続けると調査回答者の99%が考えていることが述べられている。次に、Dattoの最高技術責任者(CTO)のRobert Gibbons氏によると、調査したMSPの約75%は、SMB顧客がランサムウェア攻撃の結果として「ビジネスを脅かす」ダウンタイムを経験したと述べたという。これはかなり暗い見通しだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1930文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]