メール 標的型攻撃対策 サイバーソリューションズ

CYBERMAIL Σ-ST:標的型攻撃対策を防ぐためのメール無害化転送サービス

メール無害化転送サービス「CYBERMAIL Σ-ST」は、メール経由で侵入してくる標的型攻撃に対応する。インターネット分離、外部から受信するメールの無害化処理を実施してくれる。

CYBERMAIL Σ-STのポイント

  • 記載されているURLリンクを削除するとともにテキスト形式に変換
  • メールサーバは西日本網と東日本網で冗長構成
  • オプション機能でファイルを無害化してからメールに再添付

CYBERMAIL Σ-STの製品解説

 サイバーソリューションズの「CYBERMAIL Σ-ST」はメール無害化転送サービス。メール経由で侵入してくる標的型攻撃に対応する。オンプレミス型の「CyberMail-ST」とゲートウェイ型の「CyberMail-STG」も用意されている。

編集部おすすめの関連記事

 メールに記載されているURLリンクを削除するとともにテキスト形式に変換する。メールボックスの容量は1アカウントあたり5GB。ウイルス対策や迷惑メール(スパム)対策の機能も搭載している。リアルタイムの最新の情報でマルウェアを検知する「Cloud Live Protection」も利用できる。同一ドメインで利用できる。

 メールサーバは西日本網と東日本網で冗長構成を取っている。オプションでメールアーカイブにも対応。メールアーカイブも西日本網と東日本網で冗長構成となっており、メールサーバのそれぞれはメールアーカイブにリアルタイムでメールをアーカイブしている。

 オプションでメールに添付されているWordやExcel、PDFなどのファイルはファイル無害化機能「Fast Sanitizer」で無害化した後で再添付してからユーザー企業のメールサーバに転送可能。添付ファイルにあるテキスト情報をメールの中に挿入する。サンドボックスもオプションで利用できる。

 1ドメイン、50アカウントから利用可能。FQDN単位で初期登録料がかかる。月額利用料はアカウント単位で課金。Fast Sanitizerは初期登録料が別途必要。メールアーカイブは監査にも対応し、5年保存と10年保存が選択できる。

CYBERMAIL Σ-STのまとめ
用途と機能メール無害化転送サービス
特徴メールボックスの容量は1アカウントあたり5GB。同一ドメインで利用可能。Fast Sanitizerで無害化した後で再添付してからユーザー企業のメールサーバに転送
税別価格初期登録料:5万円、Fast Sanitizer連携設定:25万円
基本月額利用料:アカウントごとに250円
オプション月額利用料
メールアーカイブ:5年保存=200円、10年保存=300円
サンドボックス:200円
Fast Sanitizer連携:3万5000円(~50アカウント)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]