PC SaaS シネックスジャパン

第1回:「Chromebook」と「G Suite」とは?--Googleのビジネス向け最新サービスを知る

「Chrome Enterprise」を支える「Chrome OS」搭載のノートPC「Chromebook」と「G Suite」。日本でも教育機関などで導入が増えている。だが、これらは企業の業務の現場でも活用できることを解説する。

 Googleが提案する新しい働き方を皆さんご存知でしょうか? 一般の方にとってGoogleと言えば検索やブラウザ「Google Chrome」など身近なサービスとして生活に欠かせないものになってきましたが、企業向けでも最新でかつ革新的なソリューションを提供しています。「検索だけじゃないの?」と思われている方のために、様々なビジネスシーンでの活用方法などをご紹介します。

 1回目の今回はGoogleのエンタープライズ向けサービス「Chrome Enterprise」を支える「Chromebook」、「Chrome OS」、「G Suite」を分かりやすく解説いたします。

Chromebookとはどんなもの?

 Chromebookという名前は数年前から日本で認知されてきたのではないでしょうか。Googleが独自に開発したOSとなるChrome OSを搭載し、世界中で最も使われているウェブブラウザのChromeを動かすために作られたノートPCです。

 シルエットは普通のノートPCですが、アプリケーションをインストールして利用するのではなく、Chromeを利用して様々なウェブアプリを実行することに特化しています。もちろんお馴染みのGoogleサービスを簡単に利用することが可能です。

 大きな特徴としては、“安心利用”“シンプルさ”“管理が容易”という点があります。安心して利用できる特長として、“多層防御”の原則に基づいて複数の層で情報を保護しており、侵入を受けても他の層が引き続き防御するという機能があります。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2027文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]