RPA 矢野総研

RPA市場、2018年度は2.3倍--BPO事業者などが参入、2022年度に800億円に

矢野経済研究所がRPA市場を予測。2018年度は前年度の2.3倍の418億円に到達する見込み。関連サービスの業種や職種ごとへの特化、周辺技術との連携などが進み、2022年度には800億円になると予測している。

 矢野経済研究所(中野区)は2月14日、国内のロボティックプロセスオートメーション(RPA)市場に関する調査を発表した。

 RRAを“ホワイトカラー”の業務オペレーションに対するソフトウェアロボットでの業務自動化の取り組みと定義。機械学習や人工知能(AI)といった認知技術を活用し、文章、画像、音声などを認識し、これまで人間のみが対応できると想定されていた単純作業、それ以上に高度な作業を人間に代わって処理できるソフトウェアロボットであると説明している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1531文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット
  2. CX向上のヒント:お客様一人ひとりに向き合い、感情に寄り添った顧客体験とはなにか
  3. 侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版
  4. Office 365などのクラウドサービスによる、ネットワーク帯域の逼迫を解決!
  5. 自然災害、サイバー攻撃、その危機は突然やってくる--イザというときの事業継続対策

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]