安否確認 メール サイバーソリューションズ

CYBERMAIL EMERGENCY Σ:BCP/DRに活用できるセカンダリメール--安否確認に活用

セカンダリメールサービス「CYBERMAIL EMERGENCY Σ」は、BCP/DRとして活用可能。既存環境をそのままに、事業継続対策にかけるコストや時間を極限まで抑えることができる。

CYBERMAIL EMERGENCY Σのポイント

  • BCP/DR対応を支援、安否確認に活用
  • メールの保管だけでなく、ウェブメールも利用
  • メール経路切り替え対応画面もマルチデバイス対応

CYBERMAIL EMERGENCY Σの製品解説

 サイバーソリューションズの「CYBERMAIL EMERGENCY Σ」はセカンダリメールサービス。事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)の対応支援として活用できる。既存環境をそのままに、事業継続対策にかけるコストや時間を極限まで抑えられる。

編集部おすすめの関連記事

 自然災害や非常時にインターネットに接続できる環境であれば活用できる。自然災害や非常時のための仕組みをクラウドを用意してメールが利用できる。メールの保管だけでなく、ウェブメールも利用できる。

 安否確認をはじめ、さまざまな用途に利用できる。非常時のメール経路切り替え対応画面もマルチデバイス対応なので、システム管理者は時間や場所を問わずメール経路の切り替え指示を出すことが可能だ。

CYBERMAIL EMERGENCY Σのまとめ
用途と機能セカンダリメールサービス
特徴自然災害や非常時のための仕組みをクラウドを用意してメールが利用可能。メール経路切り替え対応画面もマルチデバイス対応
税別料金初期費用:100万円~、月額費用:1アカウントあたり120円~

「安否確認」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]