ERP CRM

ERP製品5選--企業のデジタルトランスフォーメーションを支えるシステムとは

Third Stage Consultingによると、HCMやCRMに対応していないERPを利用していると、効率的な企業計画ができないという。

 情報経済を生き抜くことがもたらす明らかな影響のひとつとして、組織に雇われる人材を資産として(少なくともある程度において)扱うようになることが挙げられる。生産施設で原材料を最終製品へと無限に作り変えることができないように、クリエイティブな人材がアイデアを練って実行に移すためのタイムバジェットも限られている。それは、販売契約の成立であろうと、コンテンツ作成であろうと、その他何らかのプロセスにおける定量化可能なマイルストーンであろうと変わりはない。そのため、企業資源計画(ERP)や人材管理(HCM)、顧客関係管理(CRM)を実質的に分けている境目にはほころびが生じ始めている。だが、こうした3分野を管理する際に企業で使われるツールは、こうした状況にしかるべきスピードで対応していない。

 Third Stage Consultingがこのほど公表した「2019 Digital Transformation, HCM, and ERP」(2019年のデジタルトランスフォーメーション、HCM、ERP)と題したレポートによると、こうした相対的な迅速性の欠如が、ERPシステムを大きく見直すきっかけになりつつあるという。プロフェッショナルらが管理したいと考えるのは、ERPプラットフォームではなく自らの仕事である。そのため、最もよく使うERPソフトウェアが比較的大きな見直しの対象となっている。仕事を片付けるにあたって最も手を出しやすいツールこそが最も使われやすいことから、CRMプラットフォームと従来考えられてきたSalesforceやWorkdayなどのシステムをERPとして使うということが起こっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1422文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 本質的なコスト削減とアジリティ向上は“サーバーレスアプローチ”無くして実現不可能
  2. Pure Storageだから実現する機能!高性能と手軽さを両立させる“秘訣”教えます
  3. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開
  4. 企業価値は「データリテラシー」で5億ドル分の底上げも--では、御社がそれを獲得する取り組みの方法は?
  5. 問い合わせ対応業務が激変! AI技術で高精度・高速化した最新チャットボットはどうすごいのか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]