メールセキュリティ ウイルス対策 情報漏えい対策 サイバーソリューションズ

MAILGATES Σ:誤送信対策も利用可能なメールセキュリティサービス

メールセキュリティサービス「MAILGATES Σ」は、ウイルス対策やスパム対策が可能。オプションで添付ファイルの暗号化や誤送信対策、クラウド型サンドボックスを利用できる。

MAILGATES Σのポイント

  • 送信ドメイン認証技術であるSPFやDKIM、DMARCを標準で実装
  • マイナンバーやクレジットカード番号などを抽出して個人情報の流出を防止
  • オプションで添付ファイルの暗号化や誤送信対策、クラウド型サンドボックスを利用

MAILGATES Σの製品解説

 サイバーソリューションズの「MAILGATES Σ」はメールセキュリティサービス。ウイルス対策や迷惑メール(スパム)対策、情報漏えい対策などの機能を搭載する。同社の「CyberMail」のほかに「Office 365」などとも連携できる。ウイルス対策では「Cloud Live Protection」機能などを活用している。

編集部おすすめの関連記事

 送信ドメイン認証技術である「SPF」「DKIM」「DMARC」を標準で実装。SPF(Sender Policy Framework)はIPアドレスを利用して受信したメールの送信元が正しいものかどうかを確認する技術。DKIM(Domainkeys Identified Mail)は電子署名を利用してメールの送信元を確認する技術。

 送信元ドメインをSPF/DKIMで認証し、失敗したインバウンドメールはDMARCで検証してどう処理するかを個別に決定できる。なりすましメールを排除するとともにスパムを減少させられる。

 社内のニーズにあわせてシステム単位やグループ単位、個人単位で審査フィルタを設定してフィルタ条件に一致したメールは管理者が送信を許可あるいは拒否できる。メールの本文にあるマイナンバーやクレジットカード番号、生年月日などの個人情報を抽出でき、メールを経由した個人情報の流出を防ぐ。

 判定メールを隔離ボックスに隔離している場合、エンドユーザー側に隔離されているメールの一覧を自動的に送信する。送受信したメールの詳細ログも表示可能。管理者は送受信ログのCSVエクスポートのほかに正常メールや疑わしいメール、スパムなどをグラフィカルに確認できる。

 オプションで添付ファイルの暗号化と審査、誤送信対策、クラウド型のサンドボックスを利用できる。

 添付ファイルはメール送信時にパスワード付きのZIP形式で暗号化可能。送受信サーバがSMTPの暗号化拡張である「STARTTLS」に対応していれば、暗号化してデータを送信可能、通信傍受の安全性を担保できる。

 誤送信対策では、ToやCcに一定数以上の宛先を設定すると、強制的にBccに変換して送信する。送信操作後も外部送信の保留時間を設定して事故を防ぐ仕組みが取れるようになっている。

MAILGATES Σのまとめ
用途と機能メールセキュリティサービス
特徴送信元ドメインをSPF/DKIMで認証し、失敗したインバウンドメールはDMARCで検証してどう処理するかを個別に決定。システム単位やグループ単位、個人単位で審査フィルタを設定してフィルタ条件に一致したメールは管理者が送信を許可あるいは拒否
税別料金初期費用:5万円~、月額費用:1アカウントあたり100円~
情報漏えい対策:1アカウントあたり200円、サンドボックス:1アカウントあたり200円

「メールセキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]