モバイル セキュリティ

「iPhone」や「iPad」でパスワードマネージャを使用--自動入力でログインを容易に

「iOS 12」では、パスワードマネージャの自動入力オプションを設定することが可能だ。その後、ウェブサイトにサインインしたいときに、そのパスワードマネージャを選択すると、認証情報が自動的に入力される。

 コンピュータでパスワードマネージャを使えば、安全なウェブサイトに自動的にサインインできる。「LastPass」「1Password」「RoboForm」などのパスワードマネージャはモバイルアプリとしても提供されており、「iOS」デバイスにインストールして使用することが可能だ。便利なように聞こえるが、実際にそれらを「iPhone」や「iPad」で使用してウェブサイトにサインインするには、どうすればいいのだろうか。もちろん、パスワードマネージャアプリを開いて、ユーザー名とパスワードをコピーした後、モバイルブラウザで適切なフィールドに貼り付けて、ウェブサイトにサインインすることも可能だが、それは洗練された方法ではない。「iOS 12」のおかげで、もっと良い方法を利用することができる。

 iOS 12では、パスワードマネージャの自動入力オプションを設定することが可能だ。その後、ウェブサイトにサインインしたいときに、そのパスワードマネージャを選択すると、認証情報が自動的に入力される。コンピュータでパスワードマネージャを使用する場合と全く同じだ。その後、ユーザーのセキュリティと保護のために、ログインは「Touch ID」または「Face ID」を通して認証される。この概念は、安全なウェブサイトのログイン認証情報を保存できる「iOS」の標準機能「iCloud Keychain」に似ている。ただし、既にパスワードマネージャを使ってウェブサイトのユーザー名とパスワードをすべて保存しているユーザーの場合は、パスワードマネージャの方がiCloud Keychainよりも優れた選択肢だ。パスワードマネージャを使って、モバイルアプリにサインインすることもできる。そのプロセスはウェブサイトの場合と同じだ。

 読者の皆さんは既にコンピュータで特定のパスワードマネージャを実行している、という前提でここでは話を進める。iOSデバイスで「App Store」アプリを開き、使用しているパスワードマネージャのモバイル版を検索してダウンロードする。適切なモバイルアプリを既にインストール済みの場合は、必ず最新版にアップデートしよう。本記事では、例としてRoboFormを使用するが、1Passwordや「Dashlane」、LastPassなど、ほかのパスワードマネージャでもプロセスは同じだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1758文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]