PC・モバイル

エイサーの新「Chromebase」システム--「Chromebase 24I2」「Chromebase for Meetings 24V2」

エイサーは米国時間2月4日、「Chrome OS」搭載オールインワンデスクトップ「Chromebase」システムの最新モデルを披露した。生産性を重視した「Chromebase 24I2」とビデオ会議システム「Chromebase for Meetings 24V2」だ。

 「Chromebook」は「Chrome OS」搭載デバイスのなかで最も一般的なフォームファクタだが、Googleのブラウザ中心のOSは小型デスクトップや、コンピューティングスティック、タブレットだけでなく、「iMac」を思い起こさせるオールインワン型システム「Chromebase」でも利用可能だ。

 Acerは米国時間2月4日、Chromebaseシステムの最新モデルを披露した。生産性を重視した「Chromebase 24I2」とビデオ会議システム「Chromebase for Meetings 24V2」だ。いずれも、企業および教育市場をターゲットにしている。両システムは24インチのアンチグレア1080p IPSディスプレイを搭載するとともに、USB-C 3.1ポート1基、USB 3.1ポート4基のほか、外部モニタ接続用HDMIポート、SDカードスロット、RJ45イーサネットポートの各1基を備えている。また、オプションの取り付けキットを使用すればVESAマウントに対応する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約952文字 ログインして続きを読んでください。

「PC・モバイル」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]