電話・FAX インターコム(台東区)

まいと~く Center Hybrid:基幹系と連携可能なファクスサーバ--IaaSにも対応

ファクスサーバソフト「まいと~く Center Hybrid」は、ファクスでの受注や受け付け、帳票のファクス送信をペーパーレス化できる。IaaSでも構築可能。

まいと~く Center Hybridのポイント

  • 基幹系などで生成された帳票とCSV形式の宛先を取り込んでファクス送信を自動化
  • API連携キットで業務システムにファクスの機能を追加可能
  • ファクスモデムだけをセグメントを超えて各拠点に設置可能

まいと~く Center Hybridの製品解説

 インターコムの「まいと~く Center Hybrid」はファクスサーバソフト。ファクスでの受注や受け付け、帳票のファクス送信をペーパーレス化、電子化する。従来のオンプレミスに加えてパブリッククラウドのIaaSでも構築できる。

編集部おすすめの関連記事

 コンピュータで作成した注文書や見積書などを紙に出力せずにそのままファクス送信できる。基幹システムや帳票システムが作成した帳票ファイルとCSV形式の宛先ファイルを取り込んで、帳票ファクス送信を自動化できる。

 受信したファクスイメージをPDFやTIFFのファイルに自動変換して指定したフォルダに保存可能。業務システムが管理するフォルダに保存することで業務システムへの受信ファクスイメージを引き渡せる。

 メール連携を使用し、業務システムのファクス機能として運用できる。「誤送信防止」オプションで送信ファクスの二重チェック(管理者承認フロー)でファクス誤送信を防止できる。

 オプションの「API連携キット」を使えば、ウェブAPI(HTTPリクエスト)やAPI(.NET)を使用して業務システムにファクスの機能を追加できる。ファクス通信や画像変換、ログ管理などの機能をAPIを呼び出して制御できる。

 ファクスモデムだけをセグメントを超えて各拠点に設置可能。拠点ごとの電話番号をそのまま使用でき、一拠点集中のファクス送受信よりも通信費を削減できる。

 複合機のインターネットファクス機能を使用してファクス原稿をメールの添付ファイルで管理サーバに送ることでファクスを送信することも可能。紙の原稿を複合機から送る場合でも送信ファクスを一元管理できる。

 VMware ESXiやHyper-Vといった仮想化環境でも稼働可能。稼働するIaaSはAmazon Web ServicesやMicrsoft Azure、ニフクラ、FUJITSU Cloud Service for OSS、NEC Cloud IaaS。

まいと~く Center Hybridのまとめ
用途と機能ファクスサーバソフト
特徴「誤送信防止」オプションで送信ファクスの二重チェック(管理者承認フロー)でファクス誤送信を防止。複合機のインターネットファクス機能を使用してファクス原稿をメールの添付ファイルで管理サーバに送ることでファクスを送信
税別料金SDU2回線版 1年保守付きパック(まいと~く-4ポート-SDUM4(シリアルデバイスユニット)×1台)=63万5000円~

「電話・FAX」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]