開発ツール

2019年にフリーランスに求められるプログラミングスキルとは

オンラインでフリーランスマーケットプレイスを展開するFreelance.comによると、同サイトで2018年に求人の伸び率が2番目に高かった職種は、APIの構築や統合ができる開発者だった。

 オンラインサービスを支えるウェブアプリケーションやバックエンドインフラストラクチャが構築できるフリーランス開発者の需要が急速に高まっている。

 2018年、オンラインでフリーランス向けマーケットプレイスを展開するFreelance.comでは、APIの構築や統合ができる開発者に対する求人の伸び率が全職種の中で2番目に高かったという。

 わずかの差で同職種に続いたのは、ウェブ開発やEコマース関連のスキルを求める求人だ。これには、ウェブアプリケーションおよびモバイルアプリケーションのバックエンドサービスを構築する際に使われる「Node.js」のウェブフレームワークである「Express JS」のスキルを求めるものから、Eコマースプラットフォーム「Shopify」のテンプレートを作成する開発者を求めるものまでさまざまだ。

 ウェブ開発全般も人気で、2018年のFreelance.com上で12番目に急成長した職種だった。

 2018年のウェブ開発の求人は92.3%増で、1年間に投稿された求人数は9632件だった。一方、「Python」ウェブフレームワークの「Django」などの関連技術は前年比68.3%増で求人数は4500件以上。同時期のExpress JSは同128.4%増で求人数は2600件以上だった。一方、ウェブアプリケーションのUI作成を簡素化するソフトウェアフレームワークの「React.js」は同81.4%増で求人数は7604件、またShopifyテンプレートの求人は同110.7%増で求人数は6300件だった。

 Bitcoinなどの暗号通貨を支え、サプライチェーンの効率化にも応用される分散型デジタル台帳であるブロックチェーン関連の仕事も2018年に大きく成長し、求人が300.8%増加してその数は5400件だった。

 ただし、他のソフトウェア開発スキルに対する求人数は大きく下落し、「ソフトウェア開発」という求人カテゴリにおいては2018年の求人数が70.7%減で9212件だった。

機械学習の台頭

 Freelance.comでの技術関連の求人の状況は、2018年第4四半期に大きく変化した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1149文字 ログインして続きを読んでください。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析
  2. ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る
  5. 7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]